●No.1 ●No.2 ●No.3
広くフラットなフェアウェー。 朝の2番は別世界。 グリーン手前にバンカー。
2オン可能なロングホール。 距離は短いが方向性がポイント。 クラブ選択は慎重に。



     
●No.4 ●No.5 ●No.6
距離の短いミドルホール。 見事な松を巧みに配した ティーショットは右マウンド寄りを
ティーショットの落し場所が難しい。 当倶楽部のシンボルホール。 狙う。左サイドの池に注意。



     
●No.7 ●No.8 ●No.9
グリーンまわりは障害が多いので 打ち下ろしのショートホール。 最難関ホール。特に冬の
3オン狙いが賢明。 風の読みが難しい。 北風の日は2オンが難しい。




Copyright(C) 2002-2010 Irago SGC Co,.Ltd All rights reserved.